ビットコインの取り扱い

ビットコインの取り扱い

外貨両替を扱うことができる証券会社はたくさんあります。

その中の一つに「マネーパートナーズ」があり注目されています。「マネーパートナーズ」の特徴一つは、プリペイドカードで取引きできる点です。
プリペイドカードで取引きすることができれば、楽に取引きをすることが可能になるでしょう。

取引きをするときには、最初にマイナンバーの提出をしなければなりません。
最近はどこの証券会社もマイ ナンバーの提出をすることになっています。提出をすれば本人確認ができるようになるです。

また、納税の時にもマイナンバーを提出しておけば脱税する心配もないため安心になります。そういった意図により、提出が義務付けられています。口座開設をするときに、データを送る場合と、郵送でコピーを送る場合があります。

FXの取引ツールであるmt4を扱っているのも特徴です。このツールを使えば必ず設けることができるわけではありませんが、取引きをすることが格段に楽になります。安全に取引きをすることができる点でも優れているといえるでしょう。

「マネーパートナーズ」は積極的に取り入れて取引きの安定化を図っているのが特徴になります。

マネーパートナーズのスワップポイントもスプレットに応じて幅が変わるの?

「マネーパートナーズ」で取引きをしようとする人は、スワップポイントとスプレッドが気になるところです。ちなみにスワップポイントとは、トレードをした時の手数料です。

日本円とほかの国の為替では価値が違いますので、数日間から数カ月間トレードをするとスワップポイントと呼ばれるものがたまってきます。外国為替の取引きをする場合、通貨によってはスワップポイントが非常に高いところがあります。

有名なのは日本円とオーストラリアドルです。わざわざスワップポイントを手に入れるためにトレードをする人も珍しくありません

ただし、スワップポイントが高い場合、にスプレッドの開きがあるとあまりお得とは言えないでしょう。
これは業者によってどのように定められているか異なるところですが、「マネーパートナーズ」ではスワップポイントが大きい時でもスプレッドが変わることがあります。ですが、ほかの外為の証券会社と比較してもそこまで大きくスプレッドが広がるわけではありません。そのため、儲けがないようなことはあまり考えられないでしょう。

「マネーパートナーズ」では、売る場合と買う場合のスワップポイントに開きがないことが特徴になります。

マネーパートナーズのスワップポイント

通貨ペアの様子を参考にFX会社を本音で選ぶ

人それぞれ取引スタイルが違いますので、得意な通貨ペアとそうでないものもでてきます。

短期間にたくさんの取引をするような人は、ある程度値動きがあり、かつスプレッドの狭い米ドル円のような通貨ペアで取引をすると良いでしょう。それほど取引回数は重ねずに1回の取引で大きな利益を狙っていきたいのであれば、値動きの大きなポンド円が魅力的ですし、スワップ金利を狙った取引をしたい人は資源国通貨や新興国通貨が良いでしょう。

本音で選ぶFX会社にはいくつか基準がありますが、まず取引できる通貨ペアが豊富にあるかどうか、スプレッドは狭いかどうか、スワップポイントが他社と比較してよい条件下どうかで選ぶと良いでしょう。FX会社を特徴・評価・口コミで比較

また、トレードツールの利便性も重要です。アプリを出している会社では、トレードしたいと思ったときにすぐ売買をすることができ、チャンスを逃しません。システムの安定性も重要で、実際に注文を出してから約定するまでの時間を参考にするのも良いです。

使い勝手はデモトレードをすることで体験できますが、システムが安定している会社のほうが、金融市場が荒れた時に取引ができなくなる危険性が低いと言えます。

Menu

TOP